MENU
テスト中です

FXで時間のないサラリーマンが失敗しやすいポイント5選を徹底解説

  • URLをコピーしました!

あなたの自動売買ののリスクを極限まで下げてみませんか?

この記事は
・サラリーマンでFXを始めたいと考えている
・FXでがなかなか勝てず困っている
・FXで稼ぎたいけど、どうすれば良いか分からない
・FXを始めたい
といったようなことに悩みを持っている人に特におすすめです。

この記事を読むことで、あなたのFXで勝てないというお悩みを解決する手助けになるはずです

質問者

サラリーマンでもFXで勝てる方法はあるのでしょうか?

投資アドバイザー

FXで勝ちたいなら、失敗事例から学ぶことが有効です。

この記事では、時間のないサラリーマンでもFXで勝ちたいならどうすればいいの?という疑問を解決していきたいと思います。

FXで勝ちたいと願うサラリーマンは多いですが、中々安定して勝てるようになれない…

そんなことがありますよね?

実際私も以前はFXで全く勝てずポジションを持っては損切りという経験を何度もしてきしました。

しかし、今ではある程度安定して勝てるようになる方法を見つけられました。

その答えは、サラリーマンのFX失敗例から学ぶと見つかるかもしれません。

この記事では、FXでのサラリーマンの失敗しやすいポイント5選を徹底解説しています。

この記事を最後まで読むことで、あなたのFXで勝てないという悩みを解決しFXで安定的に稼げるようになる将来を手にするきっかけとなるはずです。

是非最後まで読んで、素敵なFXライフを手にして下さいね!

投資で勝つため以下の記事で考え方を大きく変えてみませんか?

目次

FXでサラリーマンがつまずくポイント

まずはFXでサラリーマンがつまずくポイントを確認します。

すでにFXを始めている場合、まだ始めていない場合のどちらにおいても、今後の取引で失敗を防ぐために大切なポイントとなります。

また、失敗例とともに、筆者のFXに関する体験談を簡単にお話しします。

最初からFXで成功できる人はなかなかいないため、もし当てはまるものがあったとしても、あまり気にする必要はありません。

それでは、よくある失敗例を紹介します。

FXをしたいサラリーマンがよく陥る失敗例

サラリーマンに限らずFXでよくある失敗例として、次の5つが挙げられます。

・感情や気分に任せた取引を行っている
・損切りができない
・意味無くたくさんの通貨に手を出す
・レバレッジをかけすぎてしまう
・メンタルコントロールができない

このようなパターンの場合、失敗してしまう可能性が高くなります。

ここからは、それぞれの失敗の原因や対処法をお話しします。

サラリーマンの失敗例1.感情や気分に任せた取引を行っている

サラリーマンのFX失敗例の1つ目に、感情や気分に任せた取引を行っていることが挙げられます。

FXが取引できる時間に制限はなく、24時間いつでも取引できます。

そのため、チャンスを逃さないように常にポジションを持とうとした結果、感情や気分に任せた行動をとってしまうことがあるのです。

また、メンタル面や精神状態が取引に影響を与えることは多く、ストレスを感じている時や怒りっぽい時、テンションが上がり過ぎている時は特に注意が必要です。

正常な判断ができなくなる可能性があるため、FXの取引ルールを決めておくか、心の健康状態が優れない時は取引しないなどの工夫をすると良いかもしれません。

ルールの決め方としては、投資金額を決めておいたり、ロット数を決めておいたりすることが挙げられます。

自分で決めたルールは必ず守り、理性的な取引をすることがポイントです。

サラリーマンの失敗例2.損切りができない

サラリーマンのFX失敗例の2つ目に、損切りができないことが失敗例の1つとして挙げられます。

損切りとは、自分が予想した値動きと反対に相場が動いた時、決済して損失を確定させることです。

この損切りについては、損失を抑えるための手段だと知っていながらも、「もしかしたら良い方向へ動くかもしれない」と期待を抱いた結果、さらに大きな損失を抱えてしまう人は少なくありません。

特に初心者は<b>「なんとか持ち堪えられるだろう」「そのうち元の位置まで戻るだろう」</b>と思いがちです。

本当に値動きが元に戻れば良いですが、思った通りに動くとは限りませんよね。

そこでポイントとなるのが、事前に損切りのルールを決めておくことです。

どのくらいまでの損失額であれば許容できるのか、どのくらいに抑えたいのかを考えておき、損失を確定させることがコツです。

「まだいけるかもしれない」と感情的な取引をするのは、大損に繋がりかねません。

そのため、できる限り取引は仕組み化してルールを決めておくことがポイントとなります。

サラリーマンの失敗例3.意味無くたくさんの通貨に手を出す

サラリーマンのFX3つ目の失敗例として、意味なくたくさんの通貨に手を出すことが挙げられます。

FXで取引できるペアにはさまざまなものがありますが、多ければ良いわけではありません。

また、通貨ペアにはそれぞれ特徴があるため、情報収集しつつ取引を進めていく必要があります。

そこで興味本位で複数の通貨ペアに手を出した場合、一つひとつの通貨におけるポジションの管理や情報収集がおざなりになってしまうかもしれません。

そのため、売買すべきタイミングを逃してしまったり、損失が大きくなってしまったりしかねないのです。

このような失敗を防ぐためのポイントとして、通貨はできるだけ絞って取引を行うことが大切です。

また、特定の通貨について特徴を把握し、取引の経験を増やしていくことも必要です。

初心者のうちは、情報収集しやすい米ドル/円の取引がいいかもしれません。

サラリーマンの失敗例4.レバレッジをかけ過ぎてしまう

サラリーマンのFX失敗例の4つ目に、レバレッジをかけ過ぎてしまうことが失敗の原因として挙げられます。

レバレッジとは、手元に抱えている資金よりも大きな金額で取引できるシステムのことです。

このレバレッジにより、仮に100万円分の取引をしたいと思った場合でも、10倍のレバレッジを利用すれば手元に用意するのは10万円、20倍のレバレッジを利用すれば5万円の元手でOKです。

ただし、レバレッジはFXの魅力的な面でもあり、気をつけなければならないポイントでもあります。

大きな金額を動かせる分、予想した方向に動いた時の利益は大きくなりますが、反対の方向に動いた時の損失も大きくなってしまいます。

そのため、リスクが高い方法といえます。

高いレバレッジをかけると、予想と少し反対方向に動いただけで強制的にロスカットされてしまうことも少なくありません。

レバレッジは国内のFX会社では25倍まで設定できますが、取引量を増やした結果失敗に終わってしまったトレーダーもいるため、注意が必要です。

初心者が取引を始める際は、低いレバレッジで行うと良いと思います。

サラリーマンの失敗例5.メンタルコントロールができない

サラリーマンのFX失敗例の5つ目として、メンタルコントロールができないことが挙げられます。

1つ目の「感情や気分に任せた取引を行っている」と似ている部分もありますが、感情任せに取引をするわけではないとしても、メンタルが不安定でFXに失敗してしまうトレーダーが多いのも事実です。

メンタルが弱くなっていると、どうしても正常な判断ができなくなってしまいますよね。

また、数字で自分の損益が表示されるFXでは、メンタル的に大きなダメージを喰らってしまうことも多いと思います。

このようにメンタルコントロールができていないと、大損失を避けられなかったり、するべき時に損切りできなかったりしてしまいます。

そのため、FXについてしっかりと知識を身につけるだけでなく、取引のルール決めが大切です。

サラリーマンのFX失敗例:筆者のFX体験記

ここまで失敗例を見てもらいましたが、結局のところメンタルコントロールができるかどうか。

FXの成功はこれに尽きるという結論に至りました。

筆者の私がFXに挑戦し始めたころは、本業のサラリーマンが多忙なこともありチャートを見る時間がなく、さらにチャートを見ても分析できませんでした。

FXについて少しだけ勉強した知識を取引に試してみるも、値動きの予測はなかなか当たりません。

慎重に取引していたつもりですが、早く取り返さなきゃ…といった思いに駆られてポジションを多く取ってしまい、大損失を出してしまった経験が何度もあります。

そのため、安定した収入を得られるわけでもなく、何のために本業以外の時間を費やしているのか分からなかったです。

そこである記事を見つけ、そこに書いてあったのが「EA(自動売買)を使ったFX」についてでした。

それまで自動売買に興味はあったものの、やはり自分でトレードした方が楽しいし、ツールは信用できない、と思っていたんですよね。

しかし、自分でトレードしても思うように上手くいかなかったため、無料のツールを試してみようと思い、ついに自動売買ツールを導入します。

すると、今までマイナス続きだった資金が徐々にプラスに傾き、放っておいてもコツコツと利益が増えていくようになりました。

トレードをツールに任せたことで、自分自身は他のことに時間を充てられるようになり、さらにツールが勝手に利益を生み出してくれるので、単純に生活が豊かになりました。

と、このように自動売買ツールを使ったFXを始めてある程度利益を得られるようになったため、私はEAによる自動売買が勝てないトレーダーを救う一つの手段なのではないかと考えています。

FXの資産運用をこれから始めるなら

私はこれまで色々な投資を試してきましたが、私個人的にはFXでEAによる自動売買に任せてしまうのが最もおすすめできると考えています。

チャートを見る必要もなく・24時間働いてくれて・手間が少なく・稼げるまでの早さは他の投資にはない強さがあります。

ぜひ以下の記事から学んでみませんか?

・最適化済み無料EA付、FX最強の自動売買戦略を学ぶなら

・自動売買をリスク低く行うなら

FXで時間のないサラリーマンが失敗しやすいポイント5選を徹底解説まとめ

・感情や気分に任せた取引を行っている
・損切りができない
・意味無くたくさんの通貨に手を出す
・レバレッジをかけすぎてしまう
・メンタルコントロールができない
・メンタルコントロールができないならEAがおすすめ

いかがでしたか?

もしあなたが少しでもFXで勝てるようになりたいと思っているならメンタルコントロールが大切になります。

それが難しいようであれば、機械的なトレードを導入すると勝率が大幅に上がるでしょう!

サラリーマンのFX失敗例からより良い投資ライフにしていきましょう!

今日から勝ち組投資家になるための最強のコンテンツ紹介

これまで仮想通貨・株式投資・海外株投資・投資信託・FXなど様々な投資に挑戦してきた私ですが、最も効率よくお金を増やすことができるのはFXの自動売買なのではないか?と考えています。

投資で稼ぐには、様々な手法を学ぶことやメンタルを強化すること、資金管理ができることが欠かせません。

しかし、普通のサラリーマンがそれをしようとすると専業トレーダに比べ質が低いものとなり、いいカモにされてしまうのが落ちです。

実際私も意気揚々投資デビューしたものの、
・負けた時に損切りができず大きな塩漬けをしたり、
・負けた分を取り返そうと躍起になって無理なトレードをしたり、
・Twitterなどで他人のトレード根拠を信頼してエントリーして失敗したり、

数えきれないほど失敗をしてお金を溶かしてきました。

それでも何としてでも勝てるようになりたい!と思いたどり着いたのが、メンタルに左右されず投資ができるFXのEAによる自動売買です。

EAによるトレードは決まったロジックでエントリーから決済までしてくれるので、絶対に無理なトレードをせず24時間働いてくれるのが特徴です。

以下が私の勉強をした集大成です。ぜひ投資で勝ちたいのなら学んでみてください!

FXの自動売買の戦略を根本的に変える!

トレード最大の戦略は負けないこと。

これが8年以上トレードを続けてきた中で得た結論です。

+-0円の取引であっても、お金を稼ぎ続けることのできる方法があるのはご存じでしょうか?

負けない戦略に加えて、たとえ負けたとしてもお金を守る仕組みがあれば二重のセーフティネットを構えたFXでの稼ぎ方ノウハウを紹介しています!

FXで1円でも損をしたくない!
負けないトレードをしたい!!
メンタルに左右されない勝ちやすいトレードスキルが欲しい!!!

と考えている人必見のコンテンツをご用意しました!

FXリスクを極限まで下げるベストな戦略

Twitterなどで今日は〇万円稼ぎました!、EAを無料配布中!などという文言を見かけたことはありませんか?

実は、それらのほとんどが「ナンピンマーチン」というロジックを利用したEAです。

ナンピンマーチンとは「相場が下がったら平均取得単価も下げる」というナンピンの考え方に、マーチンゲール法という「負けたら掛け金を2倍にする」方法を組み合わせたロジックです。

ナンピンマーチンは、勝ちやすい反面ポジションを多く取っていくため、含み損額が次第に大きくなるリスクも存在しています。

じゃあナンピンマーチンの途中でトレードを始めたら勝ちやすいんじゃない?

そういった考えで登場したのが「ライクネス」というツールです。

以下の画像のように、ナンピンマーチンを途中から始めることでリスクを大幅に下げることに成功しています。

私はこのトレード考え方に出会ってから、自動売買人生が大きく好転しました。

以下に動画による説明もご用意したので、トレードで勝てない状態をすぐにでも好転させたいなら一度ご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次