●これまでのキャリアとUターンへの決意
大学生活~新卒の7年間を関西で満を持して札幌へUターン
 生まれは札幌市です。中学~高校まで大学付属の中高一貫校で過ごした後、関西の大学へ進みました。 大学卒業後、兵庫県尼崎市の病院で病棟事務職を3年と少し経験しました。
 もともと、いずれは北海道に戻って働きたいという思いは常にあり、Uターンするなら早いほうがいいという考えでいました。 そんな中、祖父母が高齢になってきたこともあり、改めて自分の気持ちを問い直し、Uターンを決意。 2017年の春に、まずはwebの転職エージェントに登録するところから転職活動をスタートしました。 面接など、実際に動き出したのはその年の夏からです。
 実家も祖父母の家も札幌市内にあり、現在は実家ではなく祖父母宅から通勤しています。 常に近くにいられることで、やはり安心感がありますね。
●転職活動から採用まで
対人接遇の経験を活かして管理事務の仕事へ転職!
 転職にあたって重視したのは、勤務地が札幌近郊であること、前職から大きく収入が変わらないこと、また事務職の経験を活かして働けることでした。 ファームテックジャパンからは、「U・Iターン北海道」を通して声をかけていただき、9月に第1回の面接を関西で受けることができました。 11月には北海道で第2回の面接を受け、内定。管理事務として勤務することになりました。
 本当は2018年の4月に入社予定でしたが、前職で引き継ぎをする予定だった人員が自分より先に退職してしまい、入社が5月末になりました。 同じ職場の人ではなく、新しく募集した新人に引き継ぎをしなければならなかったのですが、自分なりに予め引き継ぎマニュアルを準備していたので、時間のない中では比較的スムーズにできたと思います。
●現在の仕事と将来の目標
得意分野を生かしつつ、新たな知識を吸収する日々
 管理部では、物流在庫の管理に携わっています。発注・発送業務の中では、全国各地の倉庫や運送業者、顧客、そして社内の営業スタッフなど、さまざまな人と連絡を取り合う必要があります。 前職の病院でも患者様や病棟スタッフなど異なる立場の人たちと接し、また北海道とは全く違う地域性を持つ関西圏でのコミュニケーションも経験してきました。 そのような部分が経験として役立っていると思います。
 当社の主な取扱商品は種子や飼料調整剤、土壌改良資材といった農業資材です。 今までとは全く違った領域の仕事なので、新しい商品についての知識を吸収していく楽しさや充実感があります。 今後は自分から率先して仕事をしていけるよう、まずは与えられた業務をしっかり吸収していくことが目標です。


※今回ピックアップした記事は「MYターン体験記」でした。さらに続きを見るにはこちら